検索
  • おでかけ介護タクシーあおぞら

素晴らしい天気に越生梅林へ


皆さま、こんにちは。

三月も中旬となり、だいぶ春らしくなってきました。

今日は介護タクシーの業務で、毛呂山から嵐山まで行く用件がありました。

業務の完了後に、素晴らしい天気でしたので「梅まつり」が開催されている越生梅林へ行ってきました。

平日にも関わらず、とても多くのお客様が来園されていて、ビックリでした!

車ですれ違うときに、車体のナンバープレートを見ていたのですが、埼玉県一帯からはもちろんのこと、東京、千葉、群馬、長野からの来訪者も見受けられましたよ。

本当に良い天気でしたもんね〜!

梅もすごく綺麗に咲いていましたので、スマホで写真を何枚も撮ってきました。

先ずは、梅の花のアップです。

いかがですか、梅の花が満開でしょう。

梅の良い香りがあたり一帯に漂っていましたよ〜。

他にも、紅梅もたくさんありました。

白梅と紅梅がともに咲いていると、なにか嬉しくなりますね。

越生梅林の園内には物見櫓が立っていまして、梅園全体を上から見下ろすことも出来ます。

また、満開の梅の木々に囲まれながら、屋台で買った食べ物を食べることも出来ます。

もちろん、梅園内の木々の下に座ってお弁当を食べてる人たちも多かったですよ〜!

満開の梅の木々を見上げると、こんな感じでした。

自然の美しさに触れると、日々の思い煩いやストレスも、知らぬ間に忘れてしまいますね。

また、越生梅林では、梅の盆栽も販売しています。

盆栽の梅も、味があってとても綺麗ですよね。

もちろん他にも、特産の梅干しをはじめ、多くの梅製品が販売されています。

私は「梅羊羹」を買ってきました。

あとで美味しく頂こうと思います!

また、越生梅林の「梅まつり」ですが、車椅子で来園されている方も見かけました。

梅園内は舗装はされていませんので、車椅子で移動される場合は少し注意が必要です。

砂利道や凸凹がある場所は、無理して進むと車椅子の前輪のキャスターが凸凹に引っかかって、悪くすると車椅子利用者さんが前のめりに落ちてしまうことも考えられます。

凸凹が多い場所は介助者が一人ずつ車椅子の両脇前方を持ち上げる感じで進めるといいでしょう。

介助者が1名であれば、凸凹がある箇所は少しキャスターを上げてウイリーをするような感じで進むか、方向転換して後ろ向きで引っ張るようにして進むなど、安全第一で対応されると良いでしょう。

車椅子利用者用の駐車場や車椅子対応のトイレも準備されています。

詳しくは越生観光ナビで確認出来ます。

梅まつりのチラシもPDFでアップされていますので、梅園内の略図などもチェックできて便利です。


42回の閲覧