検索
  • おでかけ介護タクシーあおぞら

雨上がりの神社

皆さま、こんにちは。

今日は久しぶりにうれしい冬ばれの青空が広がりましたね~。

昨日、埼玉県の各地域で雨や雪が凄かったのが嘘のようです。


今日はお客様を埼玉医大へご案内した後に、時間があり天気も良く気分がよかったので「雨あがりの虹は~♪ とてもきれいですねマーヤ ♫」っと口ずさみながら、猫神社としても知られる「出雲伊波比神社」に行ってきました。


神社の境内に上がると、今回も猫神様たちがお出迎えをしてくださいました!


さて、皆さまはこの写真の中に何匹の猫神様がおられるか、おわかりになるでしょうか?


ちょっと写真の重要な部分を拡大してみますね。


すこし違う角度からのショット。



これでどうでしょうか?


1、2、3、4、4匹かな?っと思った方が多いのではないでしょうか。


実はよく見ると、5匹の猫神様たちがおられるのです!




では、答え合わせをしてみましょう。




まず左下手前の狛犬の元に佇む猫様、右側へ参道を横切る猫様、その間にいて横切る猫様を見つめる猫様、左上の屋根の上に気持ちよさそ~に昼寝する猫様。

これで4匹です。


しかし、もう一匹、迷彩模様の猫様が隠れていたのです。


どうですか、正面から見ると鳥居の柱と石碑の間にもう一匹、猫様が鎮座しているのでした。


この猫様ですね。


猫様たちも自らの毛皮を雨上がりの太陽の元に干すべく、集まっておられたのでしょうか。



猫神様のお出迎えを受けた後に、霊験あらたかな「出雲伊波比神社」にお参りさせて頂きました。


素晴らしい神社ですね。

お参りすると心が晴れ晴れしてきます!




するとなんと! もう一匹、猫様が歩いて行かれるではないですか!


後についていくと、本殿の隅っこに鎮座されました。

この風格!!

「おぬし、供え物のCIAOちゅ〜るは持って参ったか」とでも問いかけるような眼差し。

(決して境内で猫様にエサをあげてはいけません)


素晴らしい猫神様たちとの遭遇でした。




しかし、遭遇した猫様たちは、今は神社の境内に住んではおられますが、もしかしたら本当は暖かい家の中で、その家の猫神様になりたかったのかもしれません。

神社の境内にはこんな看板が掲示されています。

「猫は自分のテリトリー以外では生きていけません。

 子猫を襲う生き物(カラス・たぬき・ハクビシンなど)が

 あちこちに潜んでいます。

 捨てられた猫は、もう姿を消してしまいました。」


なんとショッキングな事実でしょうか。

小さい子猫様が神社の境内で生き抜くのは本当に大変なようです。

ぜひ、なんとか、まずはお家で猫神様になれる道を見つけてあげたいですね。

決して子猫を境内に捨ててはいけません。




素晴らしい雨上がりの空に、素敵な神社で、世界の平和と猫様たちの幸せを祈らざるにはいられませんでした。






13回の閲覧