検索

東京蒲田の天然温泉・黒湯

皆さま、こんにちは。 新年を迎えてから早くも3週間が過ぎようとしています。 今年は平成最後の年であり、またあと100日も経たないうちに新元号の時代がやって来ます。 そのような慌ただしさと新しい息吹を感じる中で、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。 私は先日(1月18日19日)、東京の蒲田の黒湯の温泉銭湯に行って来ました。 寒い日が続きますので、やっぱり温泉が恋しくなりますよね。 でも皆さま、東京に天然温泉の銭湯があるってご存知でしたか? しかも、その温泉のお湯は本当に真っ黒なんですよ! 大田区のHPによると、「大田区などの臨海部周辺には、淡褐色や黒褐色の『黒湯(くろゆ)』と呼ばれる温泉が広く分布し、古くから銭湯等で利用されています。メタケイ酸や炭酸水素塩類(重曹)などを含む25度以下の温泉で大昔の海水を由来とする『化石水』であると言われています。湯あたりが良く毎日利用する人も多い温泉です。」との事です。 大昔の海水の「化石水」なんて、なんかとても貴重な感じがしますね。 ただ見た目はコーヒーのようにブラックなので、初めての人は入るときに湯船の中が見えませんので、ちょっとビビるかもしれません。 今回、黒湯温泉を楽しませていただいた場所は、創業昭和4年、「魚のいるお風呂屋さん」としても有名な「改正湯」さんです。 「改正湯」さんは、JR蒲田駅西口から歩いて7〜8分のところにあります。 「改正湯」さんの壁には、大きな富士山のタイル絵がど〜〜んと鎮座しています。 やっぱり銭湯の壁には富士山ですよね、最高です。 実は「改正湯」さんの銭湯内の写真が撮れたのには訳があります。 それは「改正湯」さん