検索

一年の感謝を込めて竹寺へ

皆さま、メリークリスマス! 今日のクリスマスイブはいかがお過ごしでしょうか。 松任谷由実や山下達郎の曲がラジオを通して何度も流れる日です! 皆さまのところには素敵なサンタさんは、やって来ましたか。 私は今日は時間がありサンタさんも来ませんでしたので、今年一年の感謝を込めて、好きな神仏習合の竹寺に行ってきました。 竹寺は飯能市にあるので家からは50㎞の距離ですが、このクリスマスに神様と仏様を一緒に祀る懐の深さのある竹寺にどうしても行きたくなりました。 竹寺で出会ったサンタさんです! この像はインドの祇園精舎の守護神である牛頭天王の像ですが、日本神話の須佐能の化身とされています。 中国人民有志の方から寄贈されたブロンズ像だとのことです。 なにかインターナショナルですね! 竹寺の本殿に続く鳥居です。 竹で出来ています。 本殿の手前には、医王稲荷社があります。 さらに奥の方へ登ってみると、鳥居が続きます。 鳥居の奥に見えるのが、医王稲荷社です。 何か霊験新たかな感じがします。 竹寺は行疫神の牛頭天王を祀り、本地仏として薬師如来を配しており、かなり以前は薬の製造も行なっていたそうです。 病気平癒の為の祈りや薬の配布などの医療との関係が深かったんですね〜。 本殿の鳥居と茅の輪です。 茅の輪をくぐり階段を登ると本殿があります。 竹寺はその昔、修験道の東国霊場だったので本当に山の上にあります。 本殿の隣から見下ろすと、飯能の街並みが山あいの遠くに見渡せますよ〜。 今年は三月の初めに竹寺にお参りに来させて頂いたのですが、よく考えてみると、その後に温泉による湯治や一般医薬品について興

草津よいとこ薬の温泉

皆さま、こんにちは。 あ〜、今年もいよいよ押し迫ってきましたね。 残すところ、あと9日です。 今年も皆さま、仕事に家庭生活にいろいろご苦労様でした。 今週で仕事納めの方も多い事でしょうね。 年末年始はご家庭でゆっくりできる方は、ぜひごゆっくりと、 お仕事の方は寒くなりそうですから、お体に気をつけて頑張ってください。 おでかけ介護タクシーあおぞらは、お客様からのご予約が入っており年末年始も通常営業の予定です。 私は群馬県の出身なので、冬になると「上毛かるた」を思い出します。 小学生の頃は、冬休みに近所の公民館などで子供会の上毛かるたの練習があったような気がします。 また、ポーランドから日本に帰ってきて4、5年間は小・中学生向けの学習塾を高崎で開いていたのですが、小学生の部では休み時間などに上毛かるたをやってましたね〜。 必ず熱中して盛り上がるんですよ! その上毛かるたですが、温泉王国の群馬県だけあって、温泉に関する札が3枚あるんです。 その3枚とは、 「い」 伊香保温泉日本の名湯 「く」 草津よいとこ薬の温泉 「よ」 世のちり洗う四万温泉 この中で「よ」の札だけは、私の頃は男子は目の前にこの札があっても取らないという傾向がありました。 それは絵柄がエッチだから、というものだったんですよ。 この札を取ろうものなら「おまえ、エロいなぁ〜!」ってみんなから攻撃されたんですね。 今の小学生はどうなんでしょうかね。 今の私が最も惹かれる1枚は、「く」の札ですね。 「草津よいとこ薬の温泉」 読み方は 「くさづよいとこくすりのいでゆ」です。 「草津」は「つさつ」ではなく、群馬では濁って「くさづ