検索

日本遺産 行田

皆さま、こんにちは! 4月5月は観光シーズンで外国人観光客の方へのご案内が続いており、泊りがけのご旅行も5回程ありました。 車椅子をご利用されている外国人のお客様(大抵はご家族御一行様)を、埼玉から富士山や箱根、あしかがフラワーパークや日光観光、東京の浅草や秋葉原などへ英語でご案内するのですが、皆さま、とても喜んで頂きまして、私も嬉しかったのです! ただ、自宅に帰ってきて一息つくと、直ぐに爆睡モードになってしまいまして、なかなかパソコンの前に向かう事が出来ませんでした _| ̄|○ 。 富士山の「いやしの里根場」という日本村で、雄大な富士山をバックにした桜を見ていると、やっぱり「日本は綺麗な国だなぁ〜!」と思います。 他にも箱根大涌谷の独特な匂いの立ち込める中で、火口から蒸気が立ち上っている景色や、東京の浅草寺の門前町や秋葉原のサブカルチャー街のような日本特有の文化も素晴らしいものがあります。 そんな中でも、私が「これは外国人の観光客を惹きつけるんじゃないか⁈」と思える場所が、埼玉にも多くあります。 もちろん、「川越の蔵造りの街並み」や「大宮鉄道博物館」、「盆栽美術館」、「長瀞ライン下り」などのメジャーなところはあります。 外国人の旅行者にそれほど知られていないところで、今後、注目されるんじゃないかと思われるのが、「行田の田んぼアート」です!! まずは写真をご覧ください。 行田市役所のHPに掲載されている「田んぼアート」の写真です。 日本といえば「日本米」であり「日本酒」ですが、その稲を育てる水田を使ったアートが素晴らしく見事なんですね! 「こういう田んぼの仕事は、日本人しか出