検索

五千頭の龍が昇るお宮 聖天宮

皆さま、こんにちは。 とても春らしい天候が続いています。 東京では桜が満開のようですね。 埼玉では、私も今日、桜の花の開き具合を見てきましたが、七部咲きくらいですかね。 ここ2〜3日は暖かい日が続きましたので、ほぼ満開です。 そんな春の日差しの中、坂戸市にある道教のお宮「聖天宮」へ行ってきました。 このお宮への訪問は、実は今回で2回目になります。 前回、お参りしてとても良い感じがあり「また来てみたい」と思っていましたので、願いがかなった感じです。 でも実は、すぐ近くによくお客様をご案内する病院がありまして、今回もお客様を病院へご案内した後の参拝でした。 青空に煌びやかな天門が素晴らしい雰囲気ですね。 ちょっと沖縄のような感じもします。 天門の両サイドにいるシーサーのような聖獣が参拝者を邪気から清めて下さるそうです。 向かって右のお金を持っている狛犬がオスで、左の子供を抱えているのがメスです。 天門をくぐり抜けると、前殿が現れます。 厳かな感じがします。 前殿を抜けた先には、いよいよ本殿があります。 いかがですか、この威厳ある異国情緒たっぷりな佇まいは! まるで台湾に来たみたいでしょう?! お宮の屋根や柱など、全てが丁寧に彫刻を施されているんですよ。 なんと台湾から宮大工さんを日本にお連れして作られたそうです。 柱は一つの大きな石から切り出して彫刻を施したものです。 すごいですよね。 後ろの壁石の彫刻も見事です。 屋根の装飾も煌びやかで、とても縁起が良い感じがして、見てるだけで運気が上がりそうです。 御本尊様は、道教の最高神である三清道祖様です。 本殿は天井も素晴らしい装飾が施さ

埼玉県の桜の満開は?

皆さま、こんにちは。 いよいよ日本の春の風物詩、桜が開花し始めましたね。 私も昨日、近くの北本総合公園に行って桜の開花状況を見てきました。 もう「そろそろ桜の花が一斉に花開きますよ〜!!」っていう雰囲気が伝わってきました。 公園で遠目に桜の木々を見ても、枝先がピンク色掛っているのが良くわかりました。 道の先にある桜の木々のホワホワとしたピンク色、お分かりになりますか。 ちょっと近づくと、こんな感じです。 既に開花を迎え、満開に向かって一気に花開こうとしています! 日本気象株式会社の「2018年桜の開花・満開予想」を見ますと、埼玉県熊谷市の桜の満開予想は3月28日頃です。 今開花したばかり、または大きな蕾になっている桜が満開になるまで、あと3日程度ですね! 非常に待ち遠しいですね! 北本総合公園ですが、車椅子の利用者の方々が桜の花見をされるには、とても良い場所だと思います。 駐車場も完備されていますし、もちろん管理事務所には車椅子利用者の方が利用できるトイレもあります。 そして北本総合公園には大きな池があるのですが、その周りを車椅子でも移動しやすい遊歩道が整備されているのです! その遊歩道の周りに桜の木々が植えられており、春の日差しを楽しみながら桜の花見が出来ます。 車椅子をご利用の方は、北本総合公園でも気楽に桜の花見を楽しめますので、お出かけになって見て下さい。

素晴らしい天気に越生梅林へ

皆さま、こんにちは。 三月も中旬となり、だいぶ春らしくなってきました。 今日は介護タクシーの業務で、毛呂山から嵐山まで行く用件がありました。 業務の完了後に、素晴らしい天気でしたので「梅まつり」が開催されている越生梅林へ行ってきました。 平日にも関わらず、とても多くのお客様が来園されていて、ビックリでした! 車ですれ違うときに、車体のナンバープレートを見ていたのですが、埼玉県一帯からはもちろんのこと、東京、千葉、群馬、長野からの来訪者も見受けられましたよ。 本当に良い天気でしたもんね〜! 梅もすごく綺麗に咲いていましたので、スマホで写真を何枚も撮ってきました。 先ずは、梅の花のアップです。 いかがですか、梅の花が満開でしょう。 梅の良い香りがあたり一帯に漂っていましたよ〜。 他にも、紅梅もたくさんありました。 白梅と紅梅がともに咲いていると、なにか嬉しくなりますね。 越生梅林の園内には物見櫓が立っていまして、梅園全体を上から見下ろすことも出来ます。 また、満開の梅の木々に囲まれながら、屋台で買った食べ物を食べることも出来ます。 もちろん、梅園内の木々の下に座ってお弁当を食べてる人たちも多かったですよ〜! 満開の梅の木々を見上げると、こんな感じでした。 自然の美しさに触れると、日々の思い煩いやストレスも、知らぬ間に忘れてしまいますね。 また、越生梅林では、梅の盆栽も販売しています。 盆栽の梅も、味があってとても綺麗ですよね。 もちろん他にも、特産の梅干しをはじめ、多くの梅製品が販売されています。 私は「梅羊羹」を買ってきました。 あとで美味しく頂こうと思います! また、越生梅林の

飯能市の竹寺

皆さま、こんにちは。 日本には非常に多くの山寺がありますよね〜。 今日は天気も良かったので、お客様をお待ちしている間に、飯能市にある「竹寺」に行ってきました。 ちょっと距離もあり、またそれ以上にかなりの山道で「これって帰ってこれるかなぁ?」と少し不安を感じた面もあったのですが、天の導きの中で上手く行ってこれました。(良かったです。) その山寺ですが、現在、多くの寺院は人々からの注目を浴びていません。 と言いますか、ほとんど忘れ去れている感があります。 今日、「竹寺」に行った時も、広い境内に参拝者は私一人の完全貸切状態でした。 ただ、その山寺のほとんどは、何百年、または1000年以上の歴史があり、いろいろな伝説や物語を持っています。 しかもそれぞれが、非常に興味深いんです! なんか勿体ないですよね。 今ではハイキングや花見で人々が訪れるくらいの山寺にも、昔は多くの信者や参拝者で賑わっていた時があったんでしょうね〜。 そのような山寺を訪れると、山寺の境内の静かさの中に、日々湧き上がっては自分を焦らせたり困らせたりする思考が、スーッと洗い流される思いがします。 そんな山寺の一つが、埼玉県飯能市にある竹寺で、このお寺も1100年以上の歴史があります。 そしてこの竹寺は、日本でも珍しい「神仏習合のお寺」なんです。 明治時代の神仏分離と廃仏毀釈の運動を見事にサバイブして、デュアルでハイブリッドな宗教的寛容さを保っております。 この寛容さ、素晴らしいですね。 「自分の考えだけが正しい」「私の神様だけが本当の神様だ」と固着してしまうと、必ず戦いが起こりますからね。 (と思うんですが、違うかもし