検索

電車に車椅子のスペースが2台以上に。

皆さま、こんにちは。 今日は、ネットの毎日新聞の記事でこんな内容のものがありました。 <国交省>鉄道1編成に「車いすスペース原則2カ所以上」へ 写真は「毎日新聞」より いよいよ東京オリンピック・パラリンピックも再来年となりました。 まさに全世界から東京オリ・パラに参加されるために選手として、また観客として多くの方々が日本にやってきます。 その時にパラリンピックの選手や観客の方でも、車椅子をご利用される方は多くおられることでしょう。 東京での移動時に、介護タクシーなどで車椅子のまま移動される方もおられると思いますが、やはり電車での移動が多いと思います。 そんな時に、電車1編成に車椅子のスペースが1台だけでは、確かに車椅子の利用者が被ってしまった時など、スペースが足らないかもしれません! そこで今回、新幹線も含めた全ての車両に、車椅子スペースを電車1編成につき2箇所以上とすることが決まりました。 以下、毎日新聞からの抜粋です。 「国土交通省は、2020年4月以降に運行を始める新幹線を含めた全ての鉄道車両について、現在は1編成に1カ所以上の設置を義務づけている車いすのスペースを、原則2カ所以上設けるよう省令を改正する方針を固めた。海外からの訪問客も増える20年東京五輪・パラリンピックを控え、車いす利用者の利便性を高めるのが狙いで、今年度中に改正省令を公布する。」とのこと。 また、「国交省が作成し、鉄道各社が参考にしているバリアフリー整備ガイドラインには、より高い努力目標を盛り込む。一般の車両では車いすスペースを1両に1カ所以上設け、新幹線は現在の普通車の指定席に加え、グリーン車も車い

日高市の高麗神社で初詣致しました。

皆さま、あけましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 本日は、ちょっと遅くなった初詣で、日高市にある高麗神社に行ってきました。 この神社は、1300年の歴史がある由緒正しい神社であり、なんと、 日本最初の歴史書である「日本書紀」にも、この神社の由来が記されています。 皆さまもご存知の様に、昨年には天皇皇后両陛下がこの神社に行幸なされました。 また、高麗神社からそれほど遠くないところに、埼玉医大国際医療センターがあります。 そのため、私も週に3〜5日はこの神社の近くにはお伺いしております。 いつもお世話になっている神社ですね! 今朝はお客様のご搬送が完了した後の10:30頃に参拝させていただいたのですが、 神社に隣接する駐車場はほぼ満車でした。 境内も参拝のお客様が多く、出店もすでに営業をしていましたよ。 出店はこんな感じでした。 朝なのに出店もお客様も既に多いですね。 絵馬もいっぱい掛かっていました。 高麗神社は、出世の神様とも言われているので、皆さまは合格祈願やお仕事の成功のことなどを願掛けされているのかもしれませんね。 お参りした後、天気も快晴で、とてもスッキリした気持ちになりました! 今年一年も、皆様のお役に立てます様に、安全運転と丁重な対応を心がけていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。