検索

バヌアツとバリ島で火山噴火の恐れ、全島避難の島も

みなさま、こんにちは〜! 日本では衆議院選挙で大揺れですが、海外ではメキシコの地震をはじめ、各地で自然災害への恐れで揺れているようです。 CNNによりますと、「南太平洋の島国バヌアツのアンバエ島で火山が噴火する恐れが高まり、29日までに全島の住民が避難した。インドネシアのバリ島でも火山噴火の兆候が確認され、13万4000人あまりが避難している。」とのことです。 早速、グーグルマップで「アンバエ島」と「バリ島」がどこにあるのか、そして両島がどれくらい離れているかを確認してみました 世界は広いですね〜。 両島は地図上の目測で約6000キロ、飛行機で丸一日かかる距離です! そんなに離れた2つの火山が同時に噴火の恐れって、何かあるのかぁ〜?って思ってしまいますよね。 CNNでは「両火山とも、地震活動が集中する環太平洋火山帯にある。しかし米スミソニアン研究所の専門家によると、同時に噴火の兆候を示しているのは単なる偶然だ」とのことです。 単なる偶然! 確かに。 でも、単なる偶然でたまたま2つの火山が同時に爆発、っていうことも可能性としてはあるんですかね。 話は変わりますが、お彼岸も過ぎて、最近はすっかり過ごしやすくなりました。 スポーツに旅行に、外に出るには良い季節になりましたね。 今月は、9月13日にアメリカからのお客様と富士山に行って来ました。 「いやしの里」からの富士山は、まるで浮世絵から出て来たような姿をしていました。 毎回、こんな風に富士山の全景が見えると嬉しいです! 富士山は、できれば噴火で危険な状態に陥ることなく、美しい姿をいつも見せて欲しいですね。